西澤シンゾーのブログ。ボカロ曲作ったり、潜水艦ネタ、その他雑記等適当にやってます。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    sweets-times

    楽曲を神聖化しすぎ?

    ニコ動とか見てると、よく神曲という表現を見ますよね。
    まぁ、とっても好きな曲なんだろうなぁというのは想像できます。
    ネットの世界以外でも、この曲で人生が変わった!とか救われた!
    とか、熱心に語られてたりとか、そういった映像を見たりします。
    楽曲に人を感動させたり、心動かす力があるのは間違いないと思います。
    それらを否定はしたりしません、
    私も感動する曲とか好きな曲はありますからね。
    ただ、あまりにも心酔するあまり、周りの楽曲を否定したり見下すような、
    そういった事は避けるべきというか、あまり感心しません。

    あと天才論争も無益だなぁと思いますねぇ。
    ◯◯という歌手のファンが、◯◯は天才だ!すごい才能だ!と讃えます。
    △△という歌手のファンが、△△は天才だ!すごい才能だ!と讃えます。
    お互いが混ざると、自分の好きな歌手のほうが一番に決まってる!
    などという主張の争いがはじまったりしますが。
    どこかの国の人に聞かせれば、ウチの国の□□って歌手のほうがイイ!
    なんてなるんじゃないでしょうか?w

    平沢進の動画を見ていると、平沢は天才!ってコメントがあるし、
    安全地帯の動画を見ていると、玉置浩二は天才!ってコメントがある。
    それぞれのファンにとってその歌手を評価しているなら、
    どっちが優れているとかじゃなくて、それぞれに優れているのだから
    それで終らせておけばいいんですよ。ファンが優劣を争うなんて
    無益というか無意味ですからねぇw

    これは私の持論ですが、音楽理論的な聞き心地の良さはもちろんですが、
    其れ以外に聞き慣れると、心地よくなる傾向があると思うんですよね。
    バイトなんかでお店にいると、知らないアイドルとかの曲が流れてきて、
    最初はショボイ曲だな、こんな曲興味ないし、とか思っていても、
    繰り返し聞いているうちに、徐々に心地よく感じて来ることありませんか?
    気付いたら口ずさめるようになってた〜みたいな。

    最近のボカロ曲ばかり聞いている人は、音圧バリバリだったり、
    ミクとかの金切りボイスじゃないと、物足りない!って
    感じてる人もいるかもしれませんね。
    逆にクラシックとか聞いてる人は、ボカロ音楽なんて、うるさいだけ
    なんて感じてる人もいるかもしれません。

    音楽は芸術とかのたぐいなので、人によって評価はバラバラです。
    好きな音楽を聞くのはいいですが、たまには知らない国の音楽とかにも
    触れてみるのも面白いかもしれませんよ?

    という事で、今回は恋愛系の好きだー愛してるーなソングです。
    やっぱり伸びがいいですね(私の曲の中ではですが・・・)
    難解な歌詞よりも、ストレートな表現のほうがわかりやすいですし、
    恋愛というのは多くの人の心の葛藤なので、共感しやすいんでしょうね。

    ▼というわけで、おヒマなら一曲いかが?
    [ 2013/12/09 17:23 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

    偽りの花

    今回の曲は「偽りの花」ということで、マイノリティな方の応援ソング?
    という意味合いの歌ですが、まぁあまり深く考えないで下さいw
    ここ最近の何作品かは結月ゆかりとLilyを一緒に歌わせてて
    ゆかりさんは今回コーラスのみの参加で、
    Lily単独となると、ちょっと久しぶりになりますね。
    いつもより再生数の伸びが悪かったりコメントが少ないので気付いt

    せっかくなので「誕生祭2013Lily楽曲コンテスト」に応募してみました。
    受賞する可能性は限りなく0に近いですが・・・。
    可能性は0ではない!ってかんじですねw

    話は変わりまして、ふとボカロについて思った事をつらつらと、
    私は普段Lilyというボカロを使っています。
    ボーカロイドを知っているという人はだいぶ増えたと思います
    とはいえ、まだまだ興味の無い人にとっては、
    「ボーカロイド=初音ミク」という認識の人が多いのが現実です。
    ボーカロイドLilyの事を知ってる人となると極端にその数は減り、
    さらにLilyの曲を好んで聞いているという人になると、
    そこから更に絞られて行きます。
    これはLilyに限った事ではなく、人気がイマイチなボカロ全てに
    共通して言える事でもあります。

    何が言いたいかというと、ボカロで曲を作って、
    沢山の人に聞いてもらいたい、自分の曲を認めてもらいたい。
    と思っている人間(ボカロP)にとっては、余程のこだわりが
    無い限り、不人気ボカロを使う理由は無いという事です。

    もちろん、ぞれぞれのボカロの推奨テンポや音域、歌声等の
    制約はありますが、それをクリアしているのであれば。
    一番人気のあるボカロである初音ミクに歌ってもらう事が
    最も宣伝効果が高いと言えます。

    するとどうなるかというと、初音ミクの曲が増えます、
    初音ミクの曲が増えると、それを聞く人も増えます、それを聞いた人が
    初音ミクのファンになり、その中の一部の人が初音ミクの曲を作り
    曲が増え、プロモーション系の動画や、歌う人、踊る人、
    さまざまな形で広がり、初音ミクファンはドンドン増えて行く。
    というわけです。沢山の人が初音ミクを利用して曲を作るので
    当然その中から素晴らしい曲も沢山作られ、さらにファンを増やす。
    このスパイラルがくり返されファンが量産されるわけです。

    私はコレをボカロスパイラルと勝手に命名していますw
    ある意味ミクスパイラルと言ってもいいかもしれませんね。

    逆に悪いボカロスパイラルもあるわけです。
    Lilyは大手レコード会社であるエイベックスから発売されたこともあって
    草の根運動的に広まったのを誇りとするボカロファンからは、
    あまり歓迎されず。さらに使い勝手の悪さから、敬遠されるという
    最悪の船出となりました。
    まずこの時点で、リリィを使おうと思う作曲家(ボカロP)は減った訳です。
    そうするとどうなるか、当然リリィの曲は少なくなる訳です。
    リリィの曲が少ない、聞く人も少ない、ファンになる人も少ない、
    ファンが少ないなら、宣伝効果も低くリリィで曲を作るメリットが無くなり、
    曲は更に減り、さらにファンは減る。という悪循環に陥って行く訳です。

    メーカー側も、グッズ出したりコンテストしたりと対策をしているとは
    思いますが、現状維持が精一杯で、ファン層を増やす所までは
    たどりつけていないというのが私の個人的な印象です。
    (詳しくはわかりませんがw)

    何が言いたいかというと、初音ミクが人気なのはいいんですけど、
    他のボカロの追随を許さなすぎるような気がするんですよね、
    GUMI人気はなかなかの物がありますが、ボカロファンの中の話で
    一般の人はピンとこないでしょうねぇ・・・
    ちょっと長々と語りすぎましたので、今日はこのあたりで終っときます。

    ▼というわけで、おヒマなら一曲いかが?
    [ 2013/09/23 17:01 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

    君を愛していると すぐに伝えたい

    連休で3日ほど予定がぽっかりと開いたので、
    3日で曲作ってみようという事で作りました。
    ツイッターで百合曲というリクエストがありましたので
    いちおうそれっぽい歌詞にしてみました。とはいえ
    私は男ですので、女の子らしい表現ってのは難しいです。
    時間がなかったとはいえ、ヒドく短絡的な歌詞でスミマセンw
    まぁ逆に言えばわかりやすいと開き直ろう!w

    百合といえば「マリア様がみてる」ですね。
    私がマリみてにハマっていたのはちょうど2000年ぐらいで
    まだマリみてがコバルト文庫の小説でしかなかったころです。
    漫画になったりアニメ化されたりと有名になる前でした。
    今でこそ百合豚なんていう、百合好きな男性を表す言葉がありますが、
    当時は男性ファンは少なかったですねぇ。女性ファンに紛れて
    細々とやっていた印象です。まぁそれなりに仲良くやれてましたけどね。
    ただ、熱心な女性ファンからは冷たくあしらわれた経験がありますw
    まぁ男がズケズケと入ってくるのに抵抗があったんでしょうね、
    今なら空気を読んで、お邪魔しましたー!ってできますけど。
    あの頃は若かったですねぇ・・・・今となっては良い思い出です。
    マリみてで忘れられないのは「いばらの森」
    佐藤聖と久保栞の悲恋ストーリーですね。
    過去のパートでは聖の主観で物語が動くんですが、
    ものすごい感情移入できたんです。
    聖と自分の思考がまったく同じなんですよね。
    読み終わった後はもうね、部屋でゴロンゴロン悶えました。
    今だに好きな二次元キャラのトップは栞ですね。
    だけど、辛いからもう1回読む勇気がないww思い出しただけで辛いっw

    ▼というわけで、おヒマなら一曲いかが?
    [ 2013/08/23 19:18 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

    お昼の放送(レーニン☆スターリン)

    ボカロPになりたいという言葉を目にするようになった
    昔で言えば漫画家になりたいとか歌手になりたいというようなものだろう。
    きっと若い子はボカロの音楽に衝撃をうけて自分も作りたい!と
    思うのだろう。
    私も若いころ漫画が好きで漫画家になりたいなんて思っていた。
    だから高校で絵を習って、大学もデザイン関係に進んだ。
    だけどその間に漫画を書いた事は1度も無かった。
    その時点ですっぱりと諦めて何か違う事を始めていればよかったと
    今になって思う。
    中学の頃から絵を趣味で描き始めて、上手というわけではないけれど、
    そこそこ描ける程度の絵だけれど、自分のアイデンティティとして
    絵が描けるというのはかかせないツールであったと思う。
    仕事もデザイン関係の仕事についている。

    しかしボカロを知って音楽を作り始めてから音楽が楽しくて仕方が無い
    イラストをかいたりするよりもずっとずっと楽しいのだ。
    もっと早く知っていれば良かった。
    とはいえ音楽でメシを食って行こうなどとは思わないけどね。

    何が言いたいかというと若者はいろんなことを見聞し体験して欲しいと思う
    最近はネットで調べて終わりというケースも多いと思うけれど
    実際やってみないとわからないことって沢山あるから。
    もう30過ぎて俺音楽で食ってくなんて言うのは遅いのだ
    無理ではないけれど10代20代よりもずっと身動きがとれなくなってくる
    だから若いうちに旅をしろとか経験をしろと大人はうるさく言うのだ
    ゲームしたりツイッター眺めたり2chするのは楽しいと思う
    けれど見聞が狭くなっていないか?自問自答して欲しい。

    と、説教っぽくなったので終わりますw
    では、曲の紹介に行きましょうかね。
    お昼の学校放送で風邪の欠席者数を発表するような放送があって
    1組0人2組0人3組0人・・・と言ってるのを聞いて
    いつかレーニンのあとにスターリンとか言わないかな
    というしょーもない事を思い付いて、それをそのまま曲にしました。
    曲名はレーニン☆スターリンって曲なんですけどw
    せっかくしゃべるゆかりさんを購入したのでアナウンスをつけて
    お昼の放送風にしました。

    ▼というわけで、おヒマなら一曲いかが?
    [ 2013/07/23 14:48 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

    戻らない日々

    今回はお二人に歌っていただきました。
    以前はパートで区切ってたんですが、今回は交互に歌わせる感じです。
    せっかくなので、歌わせ方も変えようとおもって、
    リリィは粘っこく、ゆかりは淡白に歌わせてみました。
    この2人は推奨音域がほぼ同じなので、ゆかりの音域でつくっても
    リリィにそのまま歌わせられます。逆に言うと、
    低音パート、高音パートみたいな歌わせ方は難しいですねw

    めずらしい組み合わせというコメントも見かけましたが、
    たしかにLilyとゆかりの曲は少ないですねぇ。
    自分の場合、声と見た目でLilyを買ってその後、
    声と見た目でゆかりを買ったので
    組み合わせという部分については何も考えてなかったですね。
    Lilyだったら同じインタネのGUMIと組ませるのが鉄板でしょうし
    ゆかりならIAとの組み合わせをピクシブなんかでよく見るんですよね。
    上記の2種類の組み合わせなら、ファンが多いからもっと
    再生数伸びたかも!なんてチラッと考えたりしますけど。
    曲自体がよくなるわけではないので、
    伸びたとしてもマイリスが1つ2つ増える程度でしょうなw

    まぁ、自分が聞くための曲を自分で作ってるだけなので、
    これからも細々とやっていきます。


    ▼というわけで、おヒマなら一曲いかが?
    [ 2013/07/02 13:58 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)
    プロフィール

    西澤シンゾー

    Author:西澤シンゾー
    楽器全く弾けない+楽譜が読めないwという下手の横好き音楽してます。あと潜水艦のネタもやってました。最近やってないですw

    QRコード
    QR


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。