西澤シンゾーのブログ。ボカロ曲作ったり、潜水艦ネタ、その他雑記等適当にやってます。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    CDが売れない?

    最近よくCDが売れないって記事を見る。まぁ景気が悪いのもあるんだろうけど、実際自分も買わなくなった。というか趣味が絞られたと言ってもいいかもしれない、今は平沢進ぐらいしか買ってない、あとはゲームのサントラがせいぜい。いわゆる一般的な流行曲なんていうのは一切手を出していない。もちろん、中学生ぐらいまでは流行のCDを中古や新品でも買っていた。
    買わなくなった理由は様々あるとは思うけれど、その一つを考えてみたいと思う。
    それは、音楽の情報源の多様化、かつてはテレビの歌番組やラジオから流れて来る曲を聞いて
    この曲が欲しいという動機に繋がり、楽曲が売れるというシステムが一般的だった。
    そしてそれを考慮してレコード会社等が、その曲を売り出すために様々なプロモーションを考えてきた。
    しかし、インターネットの発展により、ユーチューブ等では、アマチュアから故人、名曲と言われる曲からキワモノまで、ありとあらゆる音楽の動画がアップされている。はっきり言ってしまえば、一般的な人間であれば、ネットを見れば音楽の情報はお腹いっぱい、むしろ聞ききれないほどあふれている。
    自分も古い音楽といっても、20年ほど前ぐらいの曲だけれど、ユーチューブやニコニコ動画で聞く事がある、するとコメントで高校生だとか10代の子が、何年も前の曲を気に入って聞いている等の意見を見受ける。
    何年経っても、良い曲は良いのである。もちろん歌詞や音の古さはあるとは思うが、音楽は「古い=悪い」ではない、過去のクラッシック音楽やビートルズ等色あせない音楽は山のように存在する。
    これまではテレビ等のメディアが一方的にムーブメントを作りだし、それが莫大な利益を作り出してきたけれど、ネットの登場によりその構造は絶対的なものでは無くなってきたように思う。
    今CDが売れないという言葉がネットで見受けられるけれど、私にはもう仕方が無い事のように思えてしまう。
    なぜなら、新たに発売される曲は、ネット上にアップされた全ての無料で聞ける曲を押しのけ、お金を払っても聞きたいと思わせなければいけないわけで、そのハードルは相当高いものになっていると思う。
    [ 2012/10/02 16:44 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)
    プロフィール

    西澤シンゾー

    Author:西澤シンゾー
    楽器全く弾けない+楽譜が読めないwという下手の横好き音楽してます。あと潜水艦のネタもやってました。最近やってないですw

    QRコード
    QR


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。