西澤シンゾーのブログ。ボカロ曲作ったり、潜水艦ネタ、その他雑記等適当にやってます。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    紅白歌合戦

    初音ミクが紅白出場か?みたいな話がネットで出てましたが。
    ミクって誰?って反応の人と、胸熱って反応の人に別れると思う。
    初音ミクというのは、いわゆるボーカロイド略してボカロで、長くなるのでわからない人がいたらググってください。
    だいぶ認知されてきましたが、まだまだサブカルチャーの域を出ないボカロ文化。やはりテレビ等旧来のメディアには敬遠されているのが実情でしょうね。
    ボカロの音楽はそのほとんどがニコニコ動画やユーチューブにおいて無料で聞ける。つまり以前取り上げましたが、CDが売れなくなった一端を担っているわけです。
    それゆえなのか、分かりませんが音楽業界と切っても切れないテレビやラジオ業界は、ボカロを大々的にとりあげることは当分無いと思われます。とはいえ、人気があるのは間違いありませんから、技術の進歩的な扱いであったり、オタク文化の一つとして何度かとりあげられてはいます。まだ一般的にはキワモノ扱いですけど、ボカロ文化が浸透するのも時間の問題だとは思っています。

    っと、ボカロの話題はこれぐらいにしまして、本題は紅白歌合戦です。
    日本の大晦日の国民的歌番組なわけですが、最近視聴率が悪いとか話題になりますよね。その対策なのか、いろいろゲストを用意したり、歌だけではなく、応援合戦的なものやバラエティ風?の歌手同士のからみであったり、新たな要素を次々と投入しているわけです。
    しかし、私はあれがどうも苦手です。今年活躍した何かと歌手をからめたり、演歌歌手の後ろでアイドルが踊ってたり、普段見られない歌手の一面が見れる!なんて言って評価してそうですけど。
    見ててぎこちなさ爆発してるんですよね、演歌歌手が普段話さないような若者言葉でアイドルとからむのとか見てらんない。あまり興味ないけど演歌って良いですね、とかいうロック歌手も見てらんない。
    例えば少し前の音楽バラエティ番組でリラックスした雰囲気の中、演歌歌手とロック歌手が同席して「俺、じつは演歌とか興味あるんすよ」なんて歯の浮いた台詞いうと、司会の芸人が「んなことあるか!」なんてツッコミをして笑いを取る。そういったやりとりはまだ見れるけれど。NHKの紅白でそんなノリはできないし、おそらくリハーサルをがっちりやってるので、出演者はその台本どおり演じている雰囲気というか、妙な空気が漂っているのが見て取れる。
    私個人としてはそういった空気を感じ取ってしまった時点で、もう番組全体から薄ら寒さしか感じられなくなり、見るに耐えなくなってしまう。

    じゃぁどんな紅白なら良いか?私に取っての紅白歌合戦とは、水戸黄門であって欲しいんですよね。
    水戸黄門といえば、長年続いた時代劇で有名ですよね。水戸黄門ご一行が旅をして、もめ事に巻き込まれ、悪代官こらしめて、8時45分に印籠出して、勝利するという。マンネリドラマの権化のような存在でした。結果はわかっているのに視聴者に飽きられる事無く長年愛され続いたわけです。なぜ愛されたのか?これは絶対に水戸黄門が負ける事はないという安心感から、どんな展開でも楽しく見ていられるという心理らしいです。人間は時にハラハラドキドキを求めますが、やはり安定したものも見たいと思うものです。

    NHKの紅白には少し前のスタイルに戻って、ベタベタの歌謡ショーって感じでいいと思います。歌手や曲の紹介をし、淡々と歌手が歌い上げていく。ヘンテコな演出や、とってつけたような世代間交流はいりません。
    民放がどんな企画をぶつけてきても、マンネリと揶揄されても、大晦日の夜はNHKにチャンネルを会わせれば、淡々と今年流行ったorNHKに貢献した歌手が歌っているって感じでいいです。
    これまでの歴史があるんだから、妙な小細工なんかせず紅白はもっとドーンと構えていれば良いと思いますよ。
    それに、無理矢理若い世代を取り込もうとしても、ネット世代はもうテレビには帰ってこないでしょう。
    中年以上の世代が安心して見れる紅白、これが一番視聴率取れると思うんですけどねぇ〜たぶん・・・。

    まぁ、私は毎年ネトゲしながら年越すんですけどねw
    スポンサーサイト
    [ 2012/10/03 16:58 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    プロフィール

    西澤シンゾー

    Author:西澤シンゾー
    楽器全く弾けない+楽譜が読めないwという下手の横好き音楽してます。あと潜水艦のネタもやってました。最近やってないですw

    QRコード
    QR


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。