西澤シンゾーのブログ。ボカロ曲作ったり、潜水艦ネタ、その他雑記等適当にやってます。
    月別アーカイブ  [ 2011年03月 ] 

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    潜水艦のしくみ2

    潜水艦の仕組み2
    ネコ主
    どうも、今日は潜水艦のしくみその2ということで、
    前回は簡単に浮沈のしくみについて解説しましたが、
    今日は違った視点で潜水艦のしくみについて解説したいと思います。
    ▼Uボートの断面図(サイレントハンター3で見飽きた画像ですねw)
    ハイブリッド潜水艦
    何が言いたいのかと言うと。
    第二次世界大戦時期の潜水艦は、動力として、重油でディーゼルエンジンを動かしていました。
    これは水上艦と同じですね。大気を取り入れて燃料を燃やして動力にするわけです。
    しかし、潜水艦は水に潜れてナンボの艦ですから、水の中でも動けなきゃいけない、ところが、大気を取り入れることができない水中では、石油燃料を燃やせません。
    乗組員が死んじゃいますし、艦の内部の酸素なんてたかがしれてます。
    そこで、駆動させるのに酸素を必要としない電気モーターを用いたのです。
    そう、つまり、石油燃料のディーゼルエンジンと、電気で動くモーターを積んだ乗り物

    (゚∀゚)<ディーゼル潜水艦はハイブリッドカーのご先祖様だったんだよ!!
    Ω ΩΩ< な、なんだってー!!

    と、言うとわかりやすいですか?(´Д`)混乱させたらごめんなさいw
    水上航行時に、ディーゼルエンジンで電気モーター用のバッテリーに充電しておくわけです。
    そして、潜行と同時に、ディーゼルエンジンから、電気モーターに駆動を切り替えて充電しておいたバッテリーで水中航行を可能にしたわけです。
    なので、必然的にバッテリーが切れてしまえば、水中で身動きが取れませんから。
    定期的にバッテリーを充電するために浮上を余儀なくされました。

    潜水艦のバッテリー切れを狙って、敵艦に水上で待ち伏せされるなんてこともありますし、当時は水上航行をメインに設計された潜水艦が多く、水中での速度があまり出ないため潜行した状態で敵艦をふりきって逃げるのは至難の業でした。

    逆に何ヶ月も潜行したままでいられる「真の潜水艦」である原子力潜水艦の登場により、ディーゼル潜水艦は「可潜艦」と呼ばれるようになるわけです。

    簡単に説明したつもりですが(;´Д`)<間違ってたらゴメンね!ゆるしてw

    ではでは(゚∀゚)ノシ
    スポンサーサイト
    [ 2011/03/17 21:56 ] 潜水艦 | TB(0) | CM(0)
    プロフィール

    西澤シンゾー

    Author:西澤シンゾー
    楽器全く弾けない+楽譜が読めないwという下手の横好き音楽してます。あと潜水艦のネタもやってました。最近やってないですw

    QRコード
    QR


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。